注文の種類

成功注文からトレール注文まで詳しく説明して行きます!

各FX会社では様々な注文方法を利用することができます。これらの注文方法を使いこなせば、寝ている間の相場急変にも即対応で収益チャンスも逃しません!

IFD注文

新規注文①と決済注文②を同時に出すことができ、①の約定後に②が自動的に発注される注文方法

取引例:現在、ドル円は100円とします。Aさんはドル円の為替レートが短期的には下がるかもしれないが、将来的には105円になると予想しました。そこで為替レートが下がったところで買いたいと考え、103円で新規の買い指値注文①を発注し、同時に105円で決済の売り指値注文②を設定しました。

損失を限定させるIFD注文

「損失を限定させる」の取引例:現在、ドル円は100円とします。Aさんはドル円の為替レートが短期的には下がるかもしれないが、将来的には105円になると予想しました。為替レートが下がったところを買いたいので103円で新規の買い指値注文①を発注しました。しかし、予想に反し、ドル円が安くなる不安もあります。そこで同時に102円で損失を限定させる売りの逆指値注文②を発注しました。

GMOクリック証券(FXネオ)
ドル/円重視のオススメFX会社
 FX取引高、3年連続世界第1位*であり、株式などの幅広い金融商品を取扱う「GMOクリック証券」。
※Forex Magnates調べ(2012年1月~2014年12月)
 メイン口座の「FXネオ」は、取扱う14通貨ペアすべてで低スプレッド(原則固定)を提供し、PC・スマートフォン専用の高機能取引ツールが無料で使えるなど、デイトレをメインとする投資家には必須の口座です。
公式サイトへ
GMOクリック証券

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です