注文の種類

成功注文からトレール注文まで詳しく説明して行きます!

各FX会社では様々な注文方法を利用することができます。これらの注文方法を使いこなせば、寝ている間の相場急変にも即対応で収益チャンスも逃しません!

逆指値注文

今のレートより高いレートの買い注文、もしくは低いレートの売り注文を予め指定する注文方法

買いの逆指値注文であれば、相場が上昇して「買値」が指定したレベルに到達したとき、その時の「買値」で逆指値注文が発注されます。売りの逆指値注文であれば、相場が下落して「売値」が指定したレベルに到達したとき、その時の「売値」で発注されます。

取引例:ドル円の為替レートが100円00銭のとき、Aさんは99円00銭で売り1万ドルの逆指値注文を出しました。その後ドル円のレートは下がり、為替レートが「99.00-99.01」になりました。売値が99.00になったため、売りの成行注文が執行され、99円00銭で約定しました。

損失を限定させる「逆指値注文(ストップロス注文)」
逆指値注文はストップロス注文とも言われています。保有しているポジションの損失が一定以上に拡大しないように利用されることが多い注文方法です。

「損失を限定させる」の取引例:現在ドル円は100円とします。Aさんはもう少しドルが高くなってから売ろうと思い、101円で売りの指値注文を出しました。その後ドルのレートは上がり、売値のレートが101円になったのでAさんの注文は約定しました。

市場のトレンドに乗るための「逆指値注文」
逆指値注文はストップロス注文と言われるように、損失の限定のために使われる場合が多いのですが、ここでは応用編として、もう一つの逆指値注文の活用方法を紹介します。

「市場のトレンドに乗る」の取引例:現在、ドル円は100円とします。101円には大きな抵抗線があり、市場ではここ数ヶ月で何度も101円を上抜ける動きがありながらその度に跳ね返され、上に下に行ったり来たりを繰り返してきました。Aさんは101円の抵抗線を完全に上抜ければ強い上昇トレンドができると考え、市場レートが101円10銭になったらドルを買う注文を出そうと考えます。そこで「101.10」で買い注文1万ドルを逆指値注文で出しました。

GMOクリック証券(FXネオ)
ドル/円重視のオススメFX会社
 FX取引高、3年連続世界第1位*であり、株式などの幅広い金融商品を取扱う「GMOクリック証券」。
※Forex Magnates調べ(2012年1月~2014年12月)
 メイン口座の「FXネオ」は、取扱う14通貨ペアすべてで低スプレッド(原則固定)を提供し、PC・スマートフォン専用の高機能取引ツールが無料で使えるなど、デイトレをメインとする投資家には必須の口座です。
公式サイトへ
GMOクリック証券

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です