FXの極意

レバレッジ(テコの原理)について解説します。

FXの基本的な知識から運用の際の注意点など、わかりやすく解説します。

レバレッジとは

FX(外国為替証拠金取引)と他の外貨建て金融商品の大きな違いは「レバレッジ」にあります。

レバレッジとは「テコの原理」のことで「小さな金額でより大きな金額を動かせること」を意味します。レバレッジは「○倍」と表現され、元手の何倍で取引しているかを表します。

少額の証拠金で大きな金額の取引が可能

レバレッジを3倍かければ3倍の投資効果、10倍かければ10倍の投資効果を生むことが可能になります。

1万ドルの取引を「外貨預金」と「FX」を行なった場合で比較してみましょう。外貨預金で1万ドル分の預金を行なう場合、為替レートが1ドル=100円であるならば、必要金額は100万円(1万ドル×100)円になります。

ょうか。外貨預金では1万ドルしか取引できませんでしたが、FXではレバレッジをかけることによって大きな金額の取引が可能になります。レバレッジ「10倍」で取引を考えた場合、取引金額100万円×10(レバレッジ)=1,000万円分の取引、つまり10万ドルの取引ができることになります。逆に外貨預金と同額1万ドルの取引をするのであれば、投下する金額を10万円にすればいいので投資金額に対する自由度が高く、資金効率のよい取引といえます。

外貨預金は等価で両替を行なうのに対し、FXはこのレバレッジを利用して、小さな証拠金を担保に大きな金額の取引を行なうことになります。


しかし、FXはレバレッジを大きくかければ、必ずしも取引結果に有利に働くものではありません。レバレッジを高めるほど、取引に対するリターンは大きくなりますが、同時にリスクも増加します。逆にレバレッジが低ければ、リターンは小さくなる一方、同時にリスクも減少します。 FXではレバレッジを1倍にして取引をすることも可能です。上記の例だと、100万円で1万ドルを取引すれば、レバレッジは1倍となり、取引におけるリスクとリターンの度合いはほぼ外貨預金と同じになります。

レバレッジの極意

デモでは大きくしても、本番ではホドホドにバレッジを効かせれば、少ない資金で大きな利益を手に入れる可能性がありますが、その分、大きな損失を被る可能性があることも決して忘れてはいけません。

現実の取引は自分の大切な資産を運用するため、リスクを意識しながら取引する必要があります。一部のFX会社が提供している「デモトレード」でレバレッジを大きくかけた場合の取引結果を体験できます。

GMOクリック証券(FXネオ)
ドル/円重視のオススメFX会社
 FX取引高、3年連続世界第1位*であり、株式などの幅広い金融商品を取扱う「GMOクリック証券」。
※Forex Magnates調べ(2012年1月~2014年12月)
 メイン口座の「FXネオ」は、取扱う14通貨ペアすべてで低スプレッド(原則固定)を提供し、PC・スマートフォン専用の高機能取引ツールが無料で使えるなど、デイトレをメインとする投資家には必須の口座です。
公式サイトへ
GMOクリック証券

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です