99%の一致率も!過去から未来のチャートを自動予想!

みらいチャートを使えるはセントラル短資FXだけ!
セントラル短資FXバナー
セントラル短資FXの無料ツール「みらいチャート」。未来のチャート形状を自動予想するこのツールを実際に使用し、レビューしてみました。

未来のチャートを予想するスグレモノ!3つのシグナルで相場のトレンドがわかる?

未来のチャートを予想する「みらいチャート」は、セントラル短資FXが提供する予想ツール。過去の値動きから似たような相場を探し出し、投資家が知りたい”みらいの相場の行方”をチャートで予想します。類似度が高い順に「第一みらい」「第二みらい」「第三みらい」と最大3つ表示されます。 さらに予想された”未来”のチャートをもとに、売り買いの傾向を「売」「買」「中立」という3つのシグナルで表示してくれるので、FXを始めたばかりの初心者でも簡単に相場のトレンドがわかります。ブラックやピンクなど、全5種類の中からテーマカラーを選ぶことができるのも嬉しいポイントですね。
未来のチャートを見ることができるのは、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、NZドル円、スイス円、ランド円、ユーロドル、ポンドドル、豪ドルドル、NZドルドル、ユーロポンドの12通貨ペアで、時間軸は、5分足、30分足、1時間足、日足、週足に対応しています。 この12通貨ペアの傾向は、チャート上部に「売」「買」「中立」の売買シグナルで一覧表示されているため、わざわざチャートを選択しなくても”どの通貨ペアがどういう傾向にあるのか”がひと目でわかります。 下の画像は1時間足のNZドル円を見たものですが、12通貨ペアの売買シグナルはこの時間軸に連動しているため、これら12通貨ペアのシグナルは1時間足で見た場合の売買傾向を表しています。
このシグナルの見方は非常にカンタン。NZドル円を見てみると、シグナルは”売”を表示しているのでこれから下落する可能性が高い、つまりNZドル円ではショート戦略が有効であるとわかります。

過去の値動きを元に分析した「売」「買」「中立」の売買シグナル

では、この売買シグナルは何を根拠に表示しているのか・・・、それは今までの値動き(チャート)を分析したチャートパターンに基づき、「売」「買」「中立」を表示しています。このチャートパターンは「第一次予測」「第二次予測」「第三次予測」としてチャートの右側に描画され、3つの未来がわかるようになっています。 下の画像は”第二次予測(第二みらい)”を描画したものですが、過去のチャートの動きと”99.78%”一致しているため、その時の情報を活かして”売”と判断しているわけです。

過去の値動きを元に分析した「売」「買」「中立」の売買シグナル

第一線で活躍するプロの為替ディーラーでも、過去のチャートを分析しながら、未来のチャートを予想することは非常に困難です。みらいチャートはそんな問題を解決し、今のチャート状況と似ている状況を瞬時に抽出してくれる優秀なツールなのです。 みらいチャートは、一致率の高いチャートを元に”3つのみらい”を予想してくれますが、その元となる過去のチャートも3つまで表示されます。下の画像は予想する時に抽出した過去チャートですが、”いつのチャートを使っているのか”ということがわかるため、この時の変動理由を知る手がかりにもなります。
また、一致率の精度もほとんどが95%以上と高く、FX取引を始めたばかりの初心者がこれからの相場を予想するほかにも、取引するしないを判断する状況にも利用することができます。 しかも、このみらいチャートのポイントは、セントラル短資FXの口座を持っていれば”無料で利用できる”ということ。ここまでクオリティの高いツールを無料で使えるということは、個人投資家にとって非常にありがたいことなので、是非ともFX取引に役立てたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です